部活動情報

   ホーム  >  部活動情報 [ 部活動 ]   >  郷土研究部

郷土研究部

最終更新日 [2016年9月21日]  

IMG_0782

 郷土研究部

この部活の原点は、戦前の地歴同好会です。戦後の1947年の校友会の再編にともない、郷土研究部となりました。現在は、発行されていないが、部誌『灘川』が活動の記録として創られていました。 所蔵している遺物の中には貴重なものも多く、九州歴史資料館や福岡市博物館に寄託されています。九州歴史資料館には、昨年(2016、10)の特別展に展示された、銅製経筒・褐柚経筒・「四王」銘の文字瓦などが寄託されています。福岡市博物館には、常設展示室に展示されているナウマン象の化石、そして那珂遺跡(福岡市)出土の中細銅戈鋳型(福岡市指定文化財)などが寄託されています。また、本校の同窓会記念館には、鬼瓦など大宰府関連に遺物が展示されています。                                                
  部の活動は、夏季休業中に、発掘調査手伝いなどのフィールドワークを行っています。今年も、福岡市の比恵遺跡の現場に参加、大野城市役所の文化財課にて、土器測量や拓本体験をさせていただきました。




 


部活動最新情報



この情報に関するお問い合わせは
福岡県立筑紫丘高等学校
電話:092-541-4061
ファックス:092-542-1470
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県立筑紫丘高等学校〒815-0041福岡県福岡市南区野間2丁目13番1号
Tel:092-541-4061 Fax:092-542-1470